.entry-content { color: #000080; font-size:16px; }
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女度を上げる「至福の性愛レッスン 性の伝道師 愛月イヴの小部屋」

なぜ、この日本では「性」についての話を 汚らわしとタブーにしたがるのかしら。 私たちとって 「性」は単なる繁殖行為のための交尾ではないわ。 「性」という字は 心が生きる、心を生かす、心が生まれると書く。 男と女の間に心が生まれ ふたりはSEXをする。そしてそこにまた新しい心が生まれる。 恋愛も性も 殿方を敬いながら女性主導でこそが 求めなくても愛に満たされ 女が真の女に覚醒するためのテクニック。 あなたの人生を豊かにする 大人の女のbodyつくりを伝授するわ。

男性器の大きさが生むイケメンの悲劇・恋愛とセックスを諦めた人生②

男性器は大きさでなければ硬さと持続力?

セックスってそもそもなに?

 快楽を得るだけならマスターベーションでもいいのよね。

それなら自分の都合で出来る。誰にも気を使わず誰も傷つけずに済む。

 

そう、誰も傷つけずに済む。

 

A氏と同じように、そう考えていたのはSMbarで出会った26歳の超イケメンIくん。

 ※A氏のお話はこちら

evesloveroom.hatenablog.com

 

SMbarで出会ったIくんとイヴのお話 

身長は178cmの細マッチョ。商社にお勤めで生田斗真さん似のルックスと人懐こい笑顔は姫を虜にするのに不足がみつからない程のいい男。

 最初にこのSMbarのシステムを説明するわ。

「Sはオモテ面を上に、Mはウラ面を上にして自分の目の前に置いてください」と

入店時にコースターを手渡される。そう、自分がサドなのかマゾなのか口にしなくても一目でわかるようにね。

 

ボンテージを着たSMクラブの女王様でもある嬢が、基本的には男女のお客様関係なく接客してくれる。女性のお客様が来店されるとコースターを見て、うまい具合にSとMの男女が組合せになるように、女王様たちは男性のお客様の席を移動させるの。

この時点でどれだけ飲んでも女性のお客様は無料。入店料も男性のお支払。

 

わたしをウラ面。Mである事を意思表示した。

そして女王様にススメられてボンテージに着替えた。女王様がわたしに似合うボンテージを選んでくれる。コスプレプレイも好きなわたしにとっては抵抗感よりも、興奮度の方が上回ったのは言うまでもないわ。

 

女王様がわたしを席に案内してくれた。隣に座っていたのは超ドSを名乗る小柄な可愛い顔をした若手のサラリーマン。うーん、でもわたしのエロの血は燃え上がらない。

 

「IくんはMだからその姫様ダメよ」

 

の女王様の声に振り向くとイケメンIくんが立っていた。

「俺、Sじゃないけどお話させてもらってもいいですか」

 

隣に座っていたドSサラリーマンが

「ダメだよ、この姫は俺が」

の言葉をさえぎり、わたしは

「3人プレイもすきだわ」と言いIくんを隣に座らせる。

Iくんの吸い込まれそうな瞳に、わたしのカラダに火がついた。

 

これほど素敵なあなたがどうしてここに?よほどのM男なの?

 

率直に疑問をぶつけてみた。

彼はそのルックスと雰囲気からは想像も出来ないほど女・恋愛・セックスに飢えていた。

 

女王様が

「Iくんは彼女いない歴4年。それと同様にセックスも4年していないから」

 

別の女王様が

「珍しいわね、Iくんがそんなに積極的に自分から姫様にアプローチするだなんて」

 

イヴ「4年彼女がいないのは作る意志がないの?モテないはずないものね」

Iくん「そうだね、モテなくはないね」と微笑みながら、わたしの髪を撫でて匂いを嗅ぐIくんとドSサラ―リマン。

 

わたしはドSサラリーマンに背をむけIくんの太ももに手を置き

 

イヴ「最後の彼女が忘れられないとか?」

Iくん「違う。女…恋愛は飽きらめたから」

そう言いながらIくんは、わたしの手をIくんの男性器にそっと運んだ。

 

Iくん「これが原因だよ」

 

背後からドSサラリーマンが耳元に息をかける。

わたしは彼にお酒をススメてその行為を制止させた。

 

Iくんのそれは大抵の姫なら一瞬手を引いてしまうであろう程、巨大に膨張していた。

 

女王様「すごいIくんの男性器。このお店に通って2年、はじめてじゃない?こんな風に完全にいきり立つの。本当に大きんだね」

 

女王様がIくんのソレを自分の手で確かめる。Iくんは女王様に言った。

Iくん「この姫様、連れて帰っていい?」

 

Iくんもまた、A氏と同じくその男性器の大きさで姫との恋愛もセックスも

このビジュアルと年齢にも関わらず諦めていた。

 

諦めてはみたものの、若さというエネルギーが姫を求めるのは性であり、Iくんは風俗に足を運んでみた。しかしそこでも嬢は「こんなに大きかったら無理よ」と口で愛撫する事もなく手での処理だけだったそうよ。それ以来、風俗にいく事もなく、このSMbarに通うようになった。

 

「女王様にお前の醜い男性器と罵られたら、この俺の男性器も本気で諦めがつくだろう、心のどこかにある淡い期待からも目が覚めるだろうって思ってさ。でもそれも本当は怖いんだよ・・・全否定を自分でしているようで。だから本立ちすることはなかった、今日の今まで。」

 

赤のライトで照らされた激しい淫靡な店内の空間が全くの別世界であるかのように、わたしとIくんの間には心地よいエロティズムな時間が流れ、わたしはIくんの話に耳を傾け続けた。

 

それから2時間。わたしは時計の時間を確認すると、女王様に「そろそろ今日は私帰ります」と告げ荷物を持ってボンテージから着替えるために席を立った。

「外で待ってるわね」Iくんに耳打ちして。

 

殿方はは姫が思っている以上にデリケートな生き物

自分の男性器のせいで姫を傷つけてきたと思っている殿方はみな優しい。

触れる指先も、交わす唇も相手を愛おしむ気持ちが伝わってきくる。

ただ、愛したいだけ・・・傷つけたくなんかないのに・・・。

 

予想も出来ないほどの大きさの男性器を目にした時に姫はどうしたらいいのか

不安は姫も殿も同じ。

受け入れてもらえるのか、受け入れることができるのか。

 

その日、その時だけが全てではない。2人でゆっくり時間をかけて進めばいい。

 

そう力を抜いて。

 

力を抜いて全てを殿に委ねるの。

 

余分な力みがある限り骨盤底筋や膣の筋肉も緊張したまま。受け入れたくてもカラダは
大きさや形に関係なく受け入れる事が難しくなるわ。

 

心がリラックスすれば、カラダも受け入れ準備が整いやすくなるの。殿は姫を潤わすことばかりを考えずにまずはリラックスさせてあげて。

 

少量のお酒と、ジャクジーでの触れ合い・じゃれ合いは緊張したカラダを緩めていく。

 

温まったカラダを優しくただ抱きしめるだけでもいいわ。

その大きさな手でマッサージしてあげることも素敵ね。

 

全てを信じ全てを預けてもらう

 セックスはどちらか一方の心やカラダに苦痛や我慢があってはならないわ。

 

恋愛もセックスも誰かを傷つけるために存在するものではないもの。

 

まぐわうことは愛を伝え愛を受け取る最高のコミュニケーション。

 

イヴの電話相談室            30分3,000円

♡イヴのメール相談室         5往復5,000円

♡イヴ小部屋の密室相談室    60分15,000円

            (対面女性の心を持った方限定)

お申込・お問合せはこちらメールフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

男性器の大きさが生むイケメンの悲劇・恋愛とセックスを諦めた人生①

姫が殿とのセックスを拒絶するように殿が姫とセックスを敬遠する理由

もちろん

殿が殿を好きになるとかではなくてのお話よ。

そうね、敬遠というよりは諦めに近いわ。

 殿がセックスを諦めるだなんてあり得ないと思わない?

 

その原因は男の象徴である男性器

この前は「大きい=俺すごい」男性器自慢の殿方のお話をしたわね。

 

evesloveroom.hatenablog.com

 

 今日はその真逆。

大きい=セックスも恋愛も諦める。

 

殿方A氏とイヴのお話

彼は奥様とお子様おひとり。会社経営をしていたわ。

周りの友人達は、夜の街で出会った姫と不倫を楽しむ。

仲間内でもダントツにイケメンなA氏を狙っている姫たちはいた。

でもA氏は夜の街に遊びに行っても姫と恋仲、あるいはカラダの関係を楽しんでいるという噂は聞いた事がなかったわ。そしてわたしも友達から紹介されてA氏とは夜の街の遊び場で出会ったの。単なる知り合い程度の感覚ね。

当時イヴにはお付き合いしている殿がいた。その仲に、いつも割って入ってきていたのがA氏。お付き合いしていた殿も

「Aはイヴちゃんのことが本当に好きだね」と言うくらい、A氏はわたしに執着していた。

その後、わたしは殿とお別れしたけどもA氏に特別な感情もなく遊び場で会う人、ただそれだけ。でも更にそれから1年間、思いをストレートにイヴにぶつけてきたA氏。

 

だんだん情にほだされて、一生懸命ぶつかってくる、年上のA氏をなんとなく可愛いと思えてきた。

 

わたしの心とカラダはA氏を受け入れる準備が整った

 お酒を交わし、朝まで一緒に過ごしても、A氏はイヴをホテルには誘わない。

なぜかA氏はいつも車中で、男性器を見せて、触わらせるだけ。だからと言って射精するわけでもないの。あれほど、わたしを思い執着していたはずなのに抱こうとしない。

 

A氏に特別な趣味があるのか、イヴの魅力が足りないのか…。

車中でA氏の男性器を見せられ触るだけの行為が3か月間続いた。

 
そしてやっと、わたしたちは結ばれるその時が来た

 

A氏の男性器は待ちきれないと言わんばかりに張り裂けそう。

やっとこの時がきたわ。ボルテージは最高潮に達した挿入のその時、その瞬間

A氏の男性器のその勢いは一瞬にして失われ挿入には至らなかった。

 

「ごめん」と一言…A氏

 

うな垂れるA氏をみて、わたしは「来て」とA氏を引き寄せてA氏に愛撫をしたわ。

A氏の絶望感にも近いその表情に、いまどうしても交わりたいという思いに狩られたの。わたしをずっと思って待ってくれたこの人を。最初は情にほだされて始まった関係だけど、いまここにいるA氏に対して愛があることに気づいた瞬間でもあるわ。

 

そして再び挿入へ

 

A氏は丁寧にわたしの中に少しづつ、ゆっくりと入ってきた。

わたしたちは交わり、エネルギーを絡ませあいながら尽きたわ。

 

行為が終わったあとA氏はこう言った

「イヴちゃん、ありがとう。こんなにセックスが良いものだと生まれてはじめて知ったよ」

 

彼は当時 35歳。A氏はタバコに火をつけ話を続けたわ。

 

「ごめん。なぜホテルに誘わなかったか。実際には誘えなかったんだ。

わかるだろこの俺の男性器。デカくて醜い。これのせいで姫たちを傷つけてきた。

俺も怖いんだよ。この醜い男性器をイヴちゃんが怖がるんじゃないかと。拒絶されるんじゃないかと。少しずつ慣れてもらって受け入れてもらえたらって」

 

A氏の男性器は、それはそれはかなり立派なもの。

普通なら殿として誇らしいものなはず。でもそうでない殿もいる。

 

姫を傷つけてきたというA氏もまたそれ以上に傷ついてきた。

 

A氏の初体験

それはA氏が学生の頃、同級生の姫様と。姫様もまた初めての体験。姫様はその大きさと見た目のインパクトに泣き出してしまった。そして動揺し焦ってしまったA氏。上手く交わる事が出来ずに初めてのまぐわいを終える。

 

その後もお付き合いした姫達も、男性器を見て驚き不安な表情をして拒絶した。

 

やっと結ばれた時思った姫も、恐怖に泣いてしまった経験もあると。

 

まだ経験値の少ない姫からしたら仕方ないのかもしれないわ。

だって男性器の色々について、教わって育ってないもの。

 

それでも姫様も欲情はするもの。

A氏とはセックスが出来ないからと、他に殿方を作りA氏の元を離れていく。

 

A氏は家庭を築くことになった

奥様もまた泣きながら「子どもは欲しいから」とA氏の男性器を受け入れた。

でも徐々にいざ挿入となると「痛がったら」「泣いたら」とA氏は苦しみの中に突き落とされ、その瞬間男性器が反応しなくなるようになった。ただただ、我慢してくれている奥様のために子どもは作りたいの思いの一心しかなかった。

 

遠くをみるその横顔は悲しげだった。

 

そしてA氏が出した結論

 

泣いて嫌がる奥様をみて、こんな醜い男性器を持った俺に、子どもが授かった事だけでありがたいのだと自分を納得させ奥様とのセックスもそれを補うための風俗や遊びも諦めた。

自分で処理すればいいのだ。そしたら誰も傷つかない。傷つけないですむ。

 

その数年後にA氏はイヴと出会う

A氏はベッドから起き上がり、グラスに入ったバーボンを一気に飲みほした。

 

「もう恋愛もセックスもしないと諦めていたけど、イヴちゃんと出会って男性性が呼び起こされちゃったんだよね。最初は多くを望まないそう決めていたんだ。イヴちゃんが彼と別れたと知って我慢できなくなった。そして人生最後のチャレンジと思ってイヴちゃんに俺の醜い男性器を見せたんだ。心臓がバクバクでイヴちゃんの顔が見れなかった。我に返ってこの醜い男性器を見せた事を後悔して、男性器を隠そうとしたら、イヴちゃんの指先がこんな醜い男性器を愛おしそうに触ってくれた。そしてイヴちゃんが<やっと会えた。待たせてごめんね>ってこんな醜い男性器に」

 

A氏はグラスを置くとベッドに腰を掛けて、私を見た。

 

「男として自信を少し取り戻したんだ。もしかしたらイヴちゃんとなら交わえるのではないかって。けどやっぱりその瞬間、イヴちゃんを傷つけたら、拒絶されたらってダメだった。ごめん。本当にこれで終わったと思ったよ。まさかイヴちゃんから<来て>と引き寄せられるだなんて。これが奇跡だとしても・・・」

 

わたしはうれしくて、わたしからA氏を押し倒してキスを繰り返し愛撫をし再び交わったわ。

 

そんな風に苦しんできて、自分の苦しみと戦いながらもわたしを求めてくれたこと。

 

奇跡なんかじゃないのよ

 

A氏がわたしを思い大切にする気持ちと、わたしがA氏を受け入れたいという気持ちが

重なりカラダが交わるように、その思いも交わり螺旋を描いていっただけの事。

 

大きいから小さいからではなく、相手をいかに大切に思うかがカラダを合わせる時にはもっとも大切。

それと同時に姫は殿のカラダの仕組みを知り

殿は姫のカラダの仕組みを知ること。

 

そしてそれは全てが同じでなく、人それぞれ思いが違うように、カラダのパーツも人それぞれで全く異なる感情を持ち合わせている。

 

それだけはいつも殿方にも姫にも覚えて欲しいの。

 

だからA氏に言ったわ。

これからは2人でしたい事、してほしい事なんでも伝えあっていきましょう。

欲望はわたしがすべて叶えてあげるわ。2人でまぐわいの時を世界中で一番楽しみましょう…と。

 

大きい事に悩み苦しむ殿方はA氏だけではない。姫達も苦しむように、また殿方も苦しんでいることを知ってほしい。

明日は別の殿方のお話を。

 

イヴの電話相談室            30分3,000円

♡イヴのメール相談室         5往復5,000円

♡イヴ小部屋の密室相談室    60分15,000円

            (対面女性の心を持った方限定)

お申込・お問合せはこちらメールフォーム

 

 

 

 

 

AVの悲劇・男性器に自信を持ち過ぎてセックスレスに

男性器は大きさより硬さとは言うけれど・・・

AVで良くある男性器の大きさに対しての女性のイメージ・表現。

凄い~大きい・・・。

あなたのその大きいの早くちょうだい。

欲しくて我慢できないわ。

 

男性器大きい=凄い。男性として魅力的。女はそれが好き。

 

セックス・セックスにおける男女のカラダの機能について親も学校も誰も教えてはくれない

 

そういう意味で言うと唯一の教科書がAVなのかもしれない。

 全くリアルとは異なる世界なのにね。

AVが気軽に見れる環境。

リアルな情報があまりに乏しく、親世代も知らなさ過ぎるのも問題だわ。

 

姫が殿とのセックス・まぐわいを拒否する理由

 いくつかあるわね。その多くは

姫が男性器を受け入れる

カラダの準備・心の準備が出来ていない状態で

殿が「ほら欲しいだろ」

男性器を挿入し腰を激しくふり

男性だけがエクスタシーを得て果てていく

ということね。

 

このタイプの男性を分類してみると

第一に

リアルな恋愛とリアルな姫に対する

オナニー行為よりも

風俗での経験とAV主体オナニー行為にふけっている

傾向にあるのではないのかしら?

 

f:id:evesloveroom:20170331141005j:plain 

 

第ニに

男性器の大きさに自信がある殿方。

それこそAVによる

「すごーい大きい♡」

をそのままを自分のセックス行為と

錯覚している殿方。

 

何よりも厄介なのは第ニのタイプ。

 だって

「俺は凄い!」が擦り込まれているのですもの。

 

もちろん本来はとっても素敵な事よ。

姫の状態、姫の心を感じえる

殿方であればの話。

 

男性器大きさ自慢の殿のセックスと女性観に対する特徴

1.女性全てを満足させていると信じて疑わない

2.挿入すれば女性はよろこぶと決めつけている

3.女は男性器は大きいのが好きと信じている

とAV脳に支配されている。

 

だから

1.セックス自体が乱暴・激しいだけ

2.愛のコミュニケーションである愛撫をおざなりにする

3.姫自身の潤いの不十分さは男性器の挿入で完璧な潤いになると思い込んでいる

 

挿入時に潤いが足りなければ

自らの唾液をもって

挿入出来る準備をするの。

 

その行為の結果、姫の心は・・・

「丁寧に愛撫してくれない」

「わたしって濡れにくいのかしら」

「痛いけど感じなきゃ」

 

でもね不十分な潤いでは

痛い、感じないは当たり前よ。

 

それでも姫は「わたしがダメ」と

セックス行為に罪悪感を抱き

自分肯定感も壊されていく。

 

だからといって

「デカイだけじゃ気持ち良くないの!」

とは言えないものね。

 

姫も受身だけである必要はないのよ。

 

セックスは愛しい人と

カラダと心とエネルギーを交え絡ませ

二人で楽しみながらエクスタシーに達していく素晴らしい行為。

 

姫自身が主導権をもって

自分のしてほしい事

して欲しくない事を伝ることは大切だわ。

 

セックスはAVとは違う。
仮にその大きさに
興奮し潤う姫がいたとしても
あなた自身とは全く別のカラダと心を持っている。

 

男性器の大きさ自慢の殿方は何かしら自分自身にコンプレックスを抱いていたりする

 

大きい=凄いだけの男自爆でしかない。

 自滅でしかない事を殿方には知ってほしい。

 

そして殿自身に大きさ以外の

素晴らしさが溢れるほどある事を

姫への愛撫とセックスの本質から

気づいて欲しいの。

 

さらに姫に知って欲しいのは

男性器が大きいことは

決して自信満々の殿方をだけを

生むものではなく

逆にセックスを諦める殿方もいることを。

この事実を知らない姫も多いわね。

 

それはまた明日♡

 

イヴの電話相談室            30分3,000円

♡イヴのメール相談室         5往復5,000円

♡イヴ小部屋の密室相談室    60分15,000円

            (対面女性の心を持った方限定)

お申込・お問合せはこちらメールフォーム

 

 

 

 

 

セックスの快楽は女の究極の美容&健康法

SEX、まぐわうことにより

 

姫は

 

自分の快楽とエネルギーを

全身に駆け巡らせ一気に開放する。

 

そして

 

殿方の快楽とエネルギーを

姫の核なる部分で受けとめ

二人のエネルギーを螺旋状に

絡ませながらカラダの奥深くまで

余すとこなく満たしていくわ。

 

心が魂が揺さぶられる

快楽とよろこび。

 

どんなに着飾ることよりも

姫を輝かせ

お顔やカラダを手入れするよりも

美しく健康にするの。

 

だからこそ

頭で恋愛するのではなく

子宮がうずく殿方と

まぐわうことが大切♡

 

絡めたふたつのエネルギーが

姫を女として開花させ

幸せをカラダと心で感じ

人生そのものを

幸せに大きく花開かせていくの。 

イヴの電話相談室            30分3,000円

♡イヴのメール相談室         5往復5,000円

♡イヴ小部屋の密室相談室    60分15,000円

            (対面女性の心を持った方限定)

お申込・お問合せはこちらメールフォーム

 

セックスレスの原因は妊娠期と母性と罪悪感

愛しているのに

カラダの関係がない。

愛していないから

しないのではなく

愛しているのに

セックスをしない関係。

 

理由って何?

 

第一に

セックスなしでも

この関係性は崩れるわけがない

とパートナーに対して

強い勝手な信頼感を抱いている。

 

特に殿は姫に対して

付き合いが長くなればなるほど

女から<母親>のような母性を

求めるようになるわ。

関係性を恋愛から

家族化させていく傾向にあるの。

 

第二に

出産を経験している夫婦間においては

妊娠期において

セックスをしない関係性に

慣れてしまったこと。

 

 

第三に

双方がセックスに関して

罪悪感ある。

 

姫は「姫は感じれてないのでは?

             フリをしていること」

  の罪悪感

殿は「感じさせなくてはならないのに

              それが十分だと思えていない」

 あるいは心とは別問題で物理的に

 「常に満足させてあげれる事は無理」

罪悪感

 

そして一番何がダメなのか・・・

相手に対して

気持ちを伝えないこと。

相手の気持ちを

聞かないこと。

 

日本人特有の

「なんとなくそうなんだろうな」

と、わかっている風で

自己解決で納得させる。

 

本気でモヤモヤをぶつけるのは

さよならする時だったするわ。

 

気持ちを察してほしい

察してあげるではなく

伝える、聞く…それが愛だわ。

 

イヴの電話相談室            30分3,000円

♡イヴのメール相談室         5往復5,000円

♡イヴ小部屋の密室相談室    60分15,000円

            (対面女性の心を持った方限定)

お申込・お問合せはこちらメールフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性の心とカラダの魅力開花は子宮にあり

いまの膣の状態。

 あなたは感じ得られるかしら?

 

感じ得られてことで

「子宮」

女性の心とカラダの司令塔としての

機能が発揮できるわ。

 

イヴの

女性のカラダ開花

<性愛7step>

ボディケアとボディワークメゾット♡ 

イヴの電話相談室            30分3,000円

♡イヴのメール相談室         5往復5,000円

♡イヴ小部屋の密室相談室    60分15,000円

           (対面女性の心を持った方限定)

お申込・お問合せはこちらメールフォーム

 

妊活は排卵日よりも子宮力と精子力

排卵日のその日だけ

頑張って性行為をがんばる?

 

 排卵日にがんばる前に

まずは殿は週3日の射精。

 

 元気な精子を作ることから 始めなきゃ♡  

 

姫も膣と子宮をトレーニング。  

 

赤ちゃんが留まる

ふわふわの子宮作りと  

受け入れるための

十分に濡れることも必要ね。  

 

その日その時とりあえず

がんばれば いいものではないわ。  

 

とりあえずがんばって

<SEXを目的>にしてしまうから

妊活が辛くなり  

殿と姫の気持ちが 微妙に

すれ違いはじめる。

 

目的は妊活ではなくて

純粋に日頃から求め合い

愛を育むことでしょ?  

 

それを忘れてはダメよ。  

週3日の射精もね。    

イヴの電話相談室            30分3,000円

♡イヴのメール相談室         5往復5,000円

♡イヴ小部屋の密室相談室    60分15,000円

            (対面女性の心を持った方限定)

お申込・お問合せはこちらメールフォーム