.entry-content { color: #000080; font-size:16px; }
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女度を上げる「至福の性愛レッスン 性の伝道師 愛月イヴの小部屋」

なぜ、この日本では「性」についての話を 汚らわしとタブーにしたがるのかしら。 私たちとって 「性」は単なる繁殖行為のための交尾ではないわ。 「性」という字は 心が生きる、心を生かす、心が生まれると書く。 男と女の間に心が生まれ ふたりはSEXをする。そしてそこにまた新しい心が生まれる。 恋愛も性も 殿方を敬いながら女性主導でこそが 求めなくても愛に満たされ 女が真の女に覚醒するためのテクニック。 あなたの人生を豊かにする 大人の女のbodyつくりを伝授するわ。

男が出来ない理由

プルゾンちえみさん

も言ってるじゃん。


男の数は35億5千万。

 

言い寄って来る男は
ざっとどれくらい?

 

恋愛は、

頭で考えるのでもなく

心で感じるのでもなく

 

子宮がキュンとするのかどうか。

 

でも残念。

 

この地球上の姫たち。

 

子宮どころか

腹筋鍛えて腹筋わって

子宮の居場所を窮屈にして

骨盤締めればオッケー思っている

まったくの哀れもの。

 

子宮はややこを

授かるだけのものではなくて

姫にとっての司令塔

 

仮に病気で子宮をなくしても

閉経を迎えても

カラダの機能として

子宮を持ち合わせていなくても

心は姫と同じで

子宮のあるべき位置を

意識する事が出来れば

姫以外の何者でもない。

 

逆に子宮があっても

そこに意識のない

子宮を感じえる事が出来ない

子宮をいたわることを知らない姫は

 

もはや姫でない!

 

どんなに地球上の男性の数が増えても

誰も寄っては来ないわ。

 

子宮の感じえ方いたわり方

伝授するわよ♡

 

イヴの電話相談室            30分3,000円

♡イヴのメール相談室         5往復5,000円

♡イヴ小部屋の密室相談室    60分15,000円

            (対面女性の心を持った方限定)

お申込・お問合せはこちらメールフォーム