.entry-content { color: #000080; font-size:16px; }
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女度を上げる「至福の性愛レッスン 性の伝道師 愛月イヴの小部屋」

なぜ、この日本では「性」についての話を 汚らわしとタブーにしたがるのかしら。 私たちとって 「性」は単なる繁殖行為のための交尾ではないわ。 「性」という字は 心が生きる、心を生かす、心が生まれると書く。 男と女の間に心が生まれ ふたりはSEXをする。そしてそこにまた新しい心が生まれる。 恋愛も性も 殿方を敬いながら女性主導でこそが 求めなくても愛に満たされ 女が真の女に覚醒するためのテクニック。 あなたの人生を豊かにする 大人の女のbodyつくりを伝授するわ。

好きだから隠す

抱き寄せてられ

キスされて

ペッティングされて

挿入されて…

 

それがまぐわい・性交・SEXだと

思っているようなら

「マグロ女」認定ね。

 

人は多かれ少なかれ

サド性、マゾ性を持って生まれ

4人に1人は

言いにくい性癖を持っているという

アンケート結果もあるそうよ。

 

それに気づかず

それを開花せずに

死んでしまう事ほど

かなしいものはないわね。

 

それと同時にパートナーの

そこに気づいてあげれず

パートナーにカミングアウトさせることを

無言の圧力で制止している

可能性もあるわ。

 

自分の性癖を満たさない

パートナーはどうすのかしら?

 

プロアマ問わず

それを満たしてくれる姫の元で

快楽の時間を過ごす。

 

好きだから言えない

理解されないだろう

嫌われたくない

 

それが本当に正しいのかしら?

 

そう思われていながら

それを知らず

殿が自分とのSEXに満足している

思っている姫…。

 

本当に愛を知らないままだし

殿も愛する姫を

本質で愛することを諦めている。

 

それは全く逆も同じこと。

 

わたしは好きならば好きなほど

自分の性癖、欲望懇願し

その反応を見るだけで快楽だわ

また、殿の欲望を知り

それを満たすその行為に

女であるよろこびに

張り裂け昇天してしまう。

 

イヴの電話相談室            30分3,000円

♡イヴのメール相談室         5往復5,000円

♡イヴ小部屋の密室相談室    60分15,000円

            (対面女性の心を持った方限定)

お申込・お問合せはこちらメールフォーム