.entry-content { color: #000080; font-size:16px; }
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女度を上げる「至福の性愛レッスン 性の伝道師 愛月イヴの小部屋」

なぜ、この日本では「性」についての話を 汚らわしとタブーにしたがるのかしら。 私たちとって 「性」は単なる繁殖行為のための交尾ではないわ。 「性」という字は 心が生きる、心を生かす、心が生まれると書く。 男と女の間に心が生まれ ふたりはSEXをする。そしてそこにまた新しい心が生まれる。 恋愛も性も 殿方を敬いながら女性主導でこそが 求めなくても愛に満たされ 女が真の女に覚醒するためのテクニック。 あなたの人生を豊かにする 大人の女のbodyつくりを伝授するわ。

セックスレスの原因は妊娠期と母性と罪悪感

愛しているのに

カラダの関係がない。

愛していないから

しないのではなく

愛しているのに

セックスをしない関係。

 

理由って何?

 

第一に

セックスなしでも

この関係性は崩れるわけがない

とパートナーに対して

強い勝手な信頼感を抱いている。

 

特に殿は姫に対して

付き合いが長くなればなるほど

女から<母親>のような母性を

求めるようになるわ。

関係性を恋愛から

家族化させていく傾向にあるの。

 

第二に

出産を経験している夫婦間においては

妊娠期において

セックスをしない関係性に

慣れてしまったこと。

 

 

第三に

双方がセックスに関して

罪悪感ある。

 

姫は「姫は感じれてないのでは?

             フリをしていること」

  の罪悪感

殿は「感じさせなくてはならないのに

              それが十分だと思えていない」

 あるいは心とは別問題で物理的に

 「常に満足させてあげれる事は無理」

罪悪感

 

そして一番何がダメなのか・・・

相手に対して

気持ちを伝えないこと。

相手の気持ちを

聞かないこと。

 

日本人特有の

「なんとなくそうなんだろうな」

と、わかっている風で

自己解決で納得させる。

 

本気でモヤモヤをぶつけるのは

さよならする時だったするわ。

 

気持ちを察してほしい

察してあげるではなく

伝える、聞く…それが愛だわ。

 

イヴの電話相談室            30分3,000円

♡イヴのメール相談室         5往復5,000円

♡イヴ小部屋の密室相談室    60分15,000円

            (対面女性の心を持った方限定)

お申込・お問合せはこちらメールフォーム